遺産相続がこじれるケースとはどんなときか

相続が開始されると遺産相続の手続きを順次進めていくことが肝要です。特に期限が切られている手続きもありますので、速やかに処理したいところです。はじめに問題となるのは、誰が法定相続人なのか、そして遺産の持分割合はどうなるのかが協議の焦点となります。遺言書がある場合は、原則として書かれている内容に従いますが、これを不服とする法定相続人は遺留分を主張することができます。一方、遺言書がないケースでは、相続人間で遺産分割協議を実施し、遺産の持分割合について全員の同意が必要となります。しかし、相続人間で争いが起きた場合は、話し合いが決着しないこともあります。

法律の専門家に相談することが重要です

遺言書があれば、開封作業や法的判断をする必要がありますし、遺産分割協議が調わないケースでは、調停など法律的な手続きを経ることになります。そこでは、法律の専門家である弁護士に立会をしてもらったり、手続きについて代行、もしくはアドバイスをもらうことが推奨されます。しかし、いきなり弁護士に相談となると費用もかかりますし、躊躇する方もいるかもしれません。また、どちらの弁護士に依頼すれば良いかわからず困ってしますケースもあるでしょう。そんなときは、ネット上で運営されている法理相談サイトを利用すると良いでしょう。

日本法規情報の相談サイトなら気軽に活用できる

日本法規情報では、法律的な判断が必要となる様々なトラブルを解決するために役立つ、頼りになる情報サイトを運営しています。たくさんの弁護士と提携していますので、適切な法律相談が期待できるのが心強い。なお、この会社は法律事務所ではありませんので、その点はあらかじめ留意してください。法律相談をしたい人が、いきなり弁護士事務所では敷居が高いと感じる場合に、気軽に相談できるのが大きなメリットです。また、無料で相談できる上に、適切と思われる法律事務所の紹介までサポートしてくれますので、使わない手はありませんね。

まとめ

日本法規情報が運営する、法律相談ができる情報サイトは、遺産相続でこじれた相続人間のトラブルを調整するために役立ちます。遺産分割協議の手続きや、遺言書の開封など、法的判断が必要なケースで気軽に相談できるのが嬉しいところです。

公式サイトをチェック