遺産相続はトラブルが発生しやすくなります。親戚間においては、話したことがない人との協議が必要になるためになかなか話がまとまらないことがあります。また法定相続人を確定できないと、協議のやり直しなども必要になります。

法定相続人を確定せずに協議を行った

遺産相続を行うとき、いろいろなことをしなければいけません。早めにやっておくこととしては、法定相続人の確定があります。被相続人の登記簿謄本を取り寄せ、家族構成などを調べます。子供の中に養子がいたり非嫡出子などがいるかもしれません。子供がいないなら直系尊属、そして兄弟姉妹に関わる戸籍謄本も取り寄せる必要があります。法定相続人を確定しないと、親戚間におけるトラブルに発展する可能性があります。親子などならまだ誰が該当するかなどの見当がつきます。しかし、兄弟姉妹は交流がないとわからない為、誰が該当するのか知らずに協議を始めてしまうことがあります。

引き継ぐ権利が分かれば請求してくる

お金や資産は、仕事などの苦労をして得られるのが普通です。もし、楽に何もせずに得ることができるなら、誰でも得たいと考えるでしょう。お金はありすぎて困ることは少ないです。もらえるものはできるだけもらいたいと考えます。遺産相続においては、親戚間でのトラブルが発生するときがありますが、もらえるなら少しでももらいたい気持ちがあるからでしょう。通常は、配偶者、子、直系尊属などで話はまとまりますが、それでも決まらなければ兄弟姉妹が法定相続人になります。話もしたことがない人っとお金の話をしなければならないかもしれず、簡単には解決できない可能性があります。

相続放棄をするように言われる可能性

法定相続人として、配偶者、子、直系尊属、兄弟姉妹がいます。直系尊属は、被相続人の親やその親が該当します。上の人ほどかなり高齢になり、もちろんいないときもありますが、長生きされているときもあります。該当すれば、法定相続人として相続の手続きが必要になります。遺産相続において親戚が絡むトラブルには、高齢者などに相続放棄を求めるものがあります。直系尊属は一人いてその人が放棄をすると兄弟姉妹に権利が移るときがあります。直系尊属の判断力があまりない時に問題が起きやすくなるかもしれません。成年後見人などを指定しておく必要があるでしょう。

まとめ

遺産相続は、法定相続人の協議で行います。親戚同士のトラブルに発展するときとして、法廷そ族人を確定しきれなかった時などがあります。その他お金に関わる話し合いが難しいので、交流のない人たち程もめる可能性が高まります。